「信頼」それが我らのロータリー2019-2020 会長 多賀 之雄

会長挨拶(Message from the President)

2019-2020年度 会長 多賀 之雄

2019-20年度、東京江戸川ロータリークラブの第56代会長として就任するにあたり、身の引き締まる思いでおりますが、その素晴らしい歴史と伝統に傷をつけることなく、会員の皆様と共にロータリーライフを楽しめる一年にしたいと願っています。
さて、今年度のRI会長でありますマーク・ダニエル・マローニーさんのテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」とされました。この意味は、ロータリーの礎は「つながり」と言うことです。若い弁護士としてシカゴにやってきたポール・ハリスがロータリーを創設した最大の理由は、見知らぬ街で他の人達と「つながる」ことでした。
ロータリーにおける「つながり」は独特で他に類を見ないものがあります。
マーク・ダニエル・マローニーRI会長は末永く続く「深い絆」を如何に築いていくにはどうしたらいいのか? 世界がこれまで以上に分断する今日、ロータリーの役割は何なのか? 世界中の会員を繋ぐのは「ロータリー」でなければならない、という結論に達すると言っています。
私は「『信頼』それが我らのロータリー」としました。「" Trust " That's our Rotary」副題として「行動の年」とします。信頼は仲間との信頼、クラブの信頼、RIの信頼とあります。我が東京江戸川ロータリークラブはお互いを認め合い、信頼という大きな絆で結ばれていることを誇りに思っています。
正に選ばれた素晴らしい大人の集まりです。今年は五大奉仕委員会は必ず1回はフォーラムを開催するように義務付けます。その為に各委員長を優秀なひとを選びました。マンネリ化している我がクラブの行動を活発化して組織を強化して他クラブから尊敬されるようなクラブにしていきたいと考えています。
どうか力を貸してください。何卒宜しくお願い致します。

 

五大奉仕

クラブ奉仕

クラブ奉仕

会合や親睦活動に参加しよう!

職業奉仕

職業奉仕

仕事を通して世の中に貢献しよう!

社会奉仕

社会奉仕

地域の活動に貢献しよう!

国際奉仕

国際奉仕

世界の地域でで活動しよう!

青少年奉仕

青少年奉仕

若い世代を育てよう!

↑ PAGE TOP